2015年08月28日

行動パターンを変える為には?

皆様、こんばんは。
本日も無事に診療時間が終わりました。
旭川の朝晩は冷えるようになりましたので、風邪などには十分にお気を付けて下さい。

さて、本日のお題は「行動パターン」についてです。

パターンとは「習慣」の事ですね?誰にもいろいろな習慣があると思います。
例えば、歯磨き。恐らく、ほとんどの人が歯を磨くと思います。
では、何故、歯磨きの習慣が身に付いたのでしょうか?

私たちは気付いたら歯を磨いていたと思います。それは親の躾によるものだと思います。
ですが、いろいろ受けた躾の中には今はもう行っていないものや変えてしまっているものもあると思うのです。その差は何でしょうか?

歯磨きに関しましては、丁寧に歯を磨く習慣や、頻繁に歯を磨く習慣を持っている人の多くが、「虫歯」の経験を持っています。つまり、「痛い経験」です。その結果、「もうあんな痛い思いはしたくない」と感じ、歯磨きを丁寧にしたり、頻繁にしたりする習慣が身に付くのです。

反対に私などは虫歯の経験が無く、「もうあんな痛い思いはしたくない」と感じた事がありませんので、歯を適当に磨きます。

もうお気づきでしょうか?そうです。習慣になる為には、「もうあんな痛い思いはしたくない」といった感情(歯磨きの場合は、虫歯に対する恐怖や不安)が必要なのです。
私のように虫歯経験が無い人の場合、「歯は丁寧に磨かなければならない」という事は分かっていますが、実際には雑に磨いてしまいます。虫歯に対する恐怖や不安が薄いからです。

このように、習慣になる為には「感情」の存在が必要なのです。正確には「強い感情」によって起きた行動の繰り返しの結果が習慣です。
ですので、もし何か望ましくない習慣をお持ちの方がいらっしゃれば、その習慣を作った要因となる感情が何だったのか?について少し考えてみる事も一つの手です。そして、その感情を発見したのであれば、その感情を抱く必要があったのかどうか?今もその感情を抱く必要があるのかどうか?について考えてみて下さい。
ここがポイントです。思考を働かせるのです。

Aという感情は、Aという思考が生み出したものです。ですから、思考を働かせ、思考をBに変える事によって、今まではAという感情だったものが、Bという感情に変わるのです。
すると、行動もBに変わり、やがて習慣もBに変わっていくのです。

by スタッフH
posted by スタッフ at 18:50| Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。